撮影可能なスポーツジムの利用方法!撮影して効率的に筋トレする!

スポーツジムに通うなら、マッチョになりたいと考える人は多いでしょう。しかし、イメージ通りの体型になるのは難しいです。それは単純に痩せることとは違うからです。身体全体のことであれば、食べるもので変えることもできます。

それが一部の筋肉になると、集中的に鍛える必要があるのです。ここではそんなときに役に立つ、撮影可能なスポーツジムの利用方法について解説していきます。

撮影可能なスポーツジムは有効利用できる

筋トレを何も考えずにすると、どこに作用するのか、どの程度効果があるのかなどが分かりません。それでは理想の体型を手に入れるのは難しくなります。特にこの筋肉を増やしたいというときには、意識をして重点的に行うことが大切です。

ただ、この方法の難しいところは、自分ではなかなかできているかを確認できない点です。例えば、腕立て伏せをする方法は鍛える筋肉によって少しずつ違います。このように筋肉を鍛えるときには、筋肉によって鍛え方を変えるものなのです。

それが分かっていないと、つけたい筋肉ではないところを鍛える可能性があります。また、鍛え方が違うと効率が悪くなることがあり、頑張って鍛えたのに全然筋肉がつかなかったということもあるのです。そうならないようにするために、自分の筋トレ姿を撮影をする方法があります。

それであれば、どこを鍛えているのか分かりますし、筋肉がしっかり使われているかも分かるでしょう。あまり負荷がかかっていない場合は、他の筋トレ方法に変えることもできます。そのような判断をするために、筋トレ姿を撮影することは重要になります。

しかし、撮影禁止のスポーツジムもあるのです。そのようなジムは、他のお客さんの迷惑になるからと断ります。

筋トレ中の自分を撮影

筋トレ中の自分を撮影するときには、カットを変えて撮ることが重要です。筋肉が見えにくかったり、筋肉の動きが見えないことがあるからです。撮影する場所を変えることで、身体全体の動きを見ることもできるでしょう。

筋トレは一つの筋肉だけを使うものではありません。一般的には複数の筋肉を一緒に動かすことで、身体を動かしています。そのため、鍛えるときにも複数の筋肉に作用することが多いです。また、どの程度の負荷がその筋トレでかかるかを撮影で確認するといいでしょう。

そうすると、もっと他の筋トレの方法を、探した方がいいという結論になるかもしれません。それは撮影の結果から判断することができるでしょう。他に撮影するときに注意する点としては、他人が映らないようにすることです。

他人が映ってしまうと問題になることがあります。そうならないように、十分に注意して撮影する必要があるでしょう。

撮影したあとは家で確認

筋トレ姿を十分に撮影できたら、家に帰って確認することになります。特に筋肉の動きを重点的に確認することになるでしょう。筋肉に緊張があるのか、あまり使われていないのかなどを筋トレの器具によって判断していきます。

また、使い方が悪くて筋肉に負荷がかかっていない場合もありますので、その点も注意深く確認するといいでしょう。自分ではできているつもりでも、できていないことはあります。その点をおさらいする意味でも、全ての筋トレを確認することが大事です。

いつもしている筋トレだからできているというのは、甘いかもしれません。いつの間にかできなくなっていることもあるのです。できていると思っても、確認はしておくと失敗がありません。

確認したらまた試す

そのように撮影してきた内容を確認したら、全てをもう一度繰り返してみます。改善点を意識しながら、筋トレをします。ただし、できているとは限らないので、もう一度撮影するといいでしょう。この撮影では改善点を特に重点的に撮影します。

以前できなかったことが、またできないこともあるでしょう。それでは改善につながりません。できるようになるまで、意識して改善するようにします。また、その場で撮影を確認できるカメラもあります。改善をするときにはその場で確認することも大切です。

その場で確認して、改善してしまえば何度も撮影する手間が省けます。ただし、一度改善したからといって、ずっとそれが保てるとは限りません。改善したことが保てるように、改善しても定期的にチェックすることは大事です。

スポーツジムの前の食事

PDCAサイクルを行うことが筋トレに役立つ

改善するための方策にPDCAサイクルという方法があります。計画、行動、チェック、また行動というやり方です。この方法を筋トレで行うと効率的に筋肉を鍛えることができるでしょう。普通はチェックするのが難しいのですが、撮影ができるのであればチェックもできるでしょう。

PDCAサイクルを何度も繰り返すことで、筋トレをよりよくすることにつながります。また、この方法を使えば、何も考えずに筋トレするよりも意識的に筋肉がつけられます。同じ筋肉を鍛えることに集中しますので、理想の体型に近づける時間が短くてすむかもしれません。

ただし、簡単にできるわけではありません。何度も試行錯誤することが大事になるでしょう。

撮影したものを専門家や仲間に確認してもらう

スポーツジムが撮影可能であれば、撮影したものを専門家に見てもらうことは可能です。専門家に見てもらうことで、具体的なアドバイスがもらえます。自分では気づけなかったことに気づく可能性があるので、他人に見てもらうというのは有益です。

専門家でなくても先輩や仲間に見てもらって、アドバイスをもらうことも大切です。もっといい方法や鍛え方があるかもしれません。自分にはない知識が他の人にはあるでしょう。そう考えると、色々な人に確認してもらう材料になるのが、その映像になります。

映像がなければ具体的なアドバイスをもらうことができないかもしれないのです。その意味では、映像が残っているというのはアドバンテージです。

筋肉の成長には鍛え方の確認が重要

筋トレは簡単にできると考えている人は多いでしょう。しかし、筋肉が成長するためには使い方を確認して、正しい筋トレをすることが重要なのです。筋肉は上手く使わないと、効率的に成長することはできません。普通の人は子供の頃から筋肉を使っているので、それが簡単にできると勘違いしてしまうのです。

また、鍛え方にもポイントがあります。鍛え方を間違えば、筋肉の成長を促すことになりません。そう考えると、自分は何も知らないと自覚することが大事です。それができれば、全てをチェックしながら筋トレをすることができるからです。